今日の地震雲画像と地鳴りがヤバイ。静岡、多摩、愛知、東京、八王子、宇都宮、高知、香川、淡路島、目黒などで

2019年4月9日~4月11日にかけて、関東~四国あたりを中心に日本全国で地震雲とみられる不思議な形状の雲や、深夜に地鳴りがするといった現象が確認されています。

ツイッターでも多くの画像と共に投稿がされており、やはり気になる「南海トラフ地震」や「首都直下型地震」の発生を恐れる声も多くなっています。

早速、現れた地震雲と地鳴りを見ていきましょう。

スポンサードリンク

4月9日、10日、11日の地震雲画像

 


 

波状の雲を中心に様々な変わった形の雲が目撃されていますね。主に西日本側で多く見られているように思いますが、関東や、北海道などでも、全国的に目撃情報が上がってきています。

スポンサードリンク

4月9日、10日、11日の地鳴りの証言

 

 

地鳴りを体感した人も、4月の7日あたりから4月11日現在まで、全国各地で発生しています。

中には毎晩、毎朝などここ数日定期的に地鳴りがしていたとの報告も。

やはり、地震雲と地鳴りとなると、頭をよぎるのは大地震の予感・・・・

スポンサードリンク

南海トラフ地震と地震雲の関係

ですが、実は、地震雲とされる変わった形の雲と、地震には科学的な根拠は無いとされているんですね。

なので、過剰に恐怖を感じる必要もないかもしれません。

地震の予兆というよりは、一種の気象現象として観測されるもののようなのです。

しかし、実際のところ、南海トラフ大地震の発生する確率はあると研究されています。

なので普段から地震や災害に対する対策は重要。

できる限りの対策をしているのであれば、必要以上に地震雲に一喜一憂し、恐怖を感じすぎる必要もないのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました