自転車ひょっこり男、成島明彦って誰?桶川市内で迷惑行為を繰り返す会社員の男

自転車ひょっこり男、成島明彦って誰?桶川市内で迷惑行為を繰り返す会社員の男 事件

車が行き交う道路で危険行為を繰り返す男が逮捕された。

その行為、動機が一般人には理解しがたい奇行を繰り返した男。

一体、埼玉県桶川市で何が起きたのでしょう?

調べてみました。

スポンサードリンク

自転車ひょっこり男逮捕の事件の詳細について

ニュースでは下記のように報じられいてる。

埼玉・桶川市で2019年7月、道路を走っていた車の目の前に意図的に飛び出して、急ブレーキをかけさせた疑いで、32歳の男が逮捕された。

車の前に、対向車線から突然飛び出す自転車。

金属加工会社の会社員・成島明彦容疑者(32)は2019年7月、桶川市の路上で、50歳の男性が運転している車の目の前にわざと飛び出し、急ブレーキをかけさせるなどした暴行の疑いが持たれていて、「運転手の驚く顔が見たかった」と容疑を認めている。

成島容疑者は、「何件かやっている」と余罪をほのめかしていて、警察は、十数件の余罪があるとみて調べを進めている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190918-00424213-fnn-soci

 

ニュース映像でみてもかなり危険な行為。

対向2車線の道路の真ん中を、スポーツタイプの自転車に乗った容疑者。

道路の真ん中を無理やり横切ろうかという動作を寸止めで元の車線に戻る行動。

「運転手の驚く顔が見たかった」というなんとも稚拙で単純な動機。

本当に運転手は驚くだろうし、容疑者自身も一歩間違えば、実際の事故を引き起こしてしまう。

ドライブレコーダーが普及した現代だからこそ証拠動画も残っているが、証拠となる動画がなかった場合、完全に車の運転手に責任があるとされてしまうのか。

恐ろしすぎる行為である。

スポンサードリンク

事件が起きた現場場所はどこ?

今回の事件が発生したのは埼玉県の桶川市の道路。

 

桶川市は、埼玉県のほぼ中央に存在する。

そんな土地柄から様々な地域から人々が移り住み繁栄してきた街。

快速電車が止まる駅もあり、スーパーも点在して生活のしやすい地域。

特に目立った犯罪もなく、自然豊かで閑静な、治安の良い街として知られていました。

そんな街で起きた今回の事件。

容疑者は数十件の余罪をほのめかしていることから、かなりの複数回行為に及んでいた模様。

実際に、近隣住民からも「ひょっこり飛び出し男」と呼ばれていたことからもかなりの常習性があったことが疑われる。

スポンサードリンク

自転車ひょっこりはん男 成島明彦とは

報道からわかっている容疑者の情報について調べてみました。

名前:成島明彦
読み方:なりしまあきひこ
年齢:32歳
住所:埼玉県桶川市
職業:金属加工会社会社員
顔画像顔写真:こちら

ツイッターやfacebookなどのSNS:現在非公表

スポンサードリンク

成島明彦逮捕に関するネット民の声

最近、この類の頭の悪い人が多いように思えます。
厳罰化すべきではないでしょうか。

 

32歳か。コンビニ店員のバカッターといい、変なやつが湧いてるね。

 

常習犯なんでしょ?
厳罰に処してください。

わざわざひょっこりはんネタを絡める必要はねーよな

桶川のひょっこりと言われていて、自転車で、急に方向を変える一種の当たり屋で、地元では近づかないように警戒されていた。
マスコミでも取り上げられていたが、やっと警察が重い腰を上げたが、進路妨害にとどまらず、煽り運転そのもので厳罰に処してほしい。

明日から轢かれても文句言えないの刑として欲しい。
そしたらこいつと同類の人たちがこいつを見付けては車で接触するって日々が待ってるに違いない。(笑)
まぁでも真面目にどんなに軽犯罪でも懲役30年執行猶予50年とかにして人生のイエローカード的な感じにしてもらいたい。
それ以降悪いこともせずに真っ当に生きたら無罪と同じなんだから真面目に生きる為の足枷をつけるべき。

はいっ、ひょっこり犯

 

そんな加害者の、取り調べ中での「憔悴し切ったカオが見たかった」です。

32歳会社員での幼稚過ぎる動機としては、ピンポンダッシュ程度の邪心だったのでしょう。
路線バスやなどの大型車両にはやらなかったはず。。。

ドラレコ映像が、犯行や事故原因の決め手となる事案が増えましたが、これは正に自殺行為としか映りません。
たまたま通りかかった車側が被害者とならぬよう、気を付けたいものです。

 



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました