古城和也(こぎかずや)の顔画像や経歴は?介護疲れが問題か父親を暴行死させる。

古城和也(こぎかずや)の顔画像や経歴は?介護疲れが問題か父親を暴行死させる。 事件

神奈川県川崎市で父親を暴行死させる事件が発生。

息子の古城和也(こぎかずや)容疑者が逮捕されました。

この親子に一体何が起きたのでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

古城和也(こぎかずや)容疑者逮捕の事件の詳細について

ニュースでは下記のように報じられています。

川崎市で72歳の父親に暴行を加え、死なせたとして、介護していた長男が逮捕されました。

 逮捕されたのは川崎市の自称設計士、古城和也容疑者(44)で、今月16日から22日にかけて、父親の守一さん(72)の背中や手足を殴る蹴るなど複数回、暴行を加え、死亡させた疑いがもたれています。

 警察によると、守一さんは2年前に脳梗塞で杖が必要になり、和也容疑者の介護を受けていて、自宅や散歩中の路上で和也容疑者に暴行されていたとみられるということです。全身にあざがあったということですが、和也容疑者は「暴行はしたが、あざになるほどはやっていない」と容疑を否認しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190527-00000062-jnn-soci

別の報道によると、古城和也(こぎかずや)容疑者は父親と母親との3人暮らし。

2年前から父親守一(もりかず)さんが脳梗塞を患い、母親は認知症。

二人を古城和也(こぎかずや)容疑者一人で介護していたと見られている。

仕事もする中で、二人を介護するというのは相当な労力だったに違いない。

だからといって、介護対象者に暴力を振るうことは決して許されることではない。

病院や施設に頼ったり、知人や別の家族に協力を求めることはできなかったのでしょうか?

スポンサードリンク

古城和也(こぎかずや)容疑者の経歴やプロフィールについて

報道から分かっている古城和也(こぎかずや)容疑者の経歴やプロフィールについてまとめてみました。

名前:古城和也(こぎかずや)

年齢:44歳

職業:自称設計士

住所:川崎市幸区河原町

ツイッターやfacebookなどのSNS:現在未特定

顔画像:非公表

情報が更新され次第追記いたします。

スポンサードリンク

古城和也(こぎかずや)容疑者逮捕事件の現場場所はどこ?

事件が起きたのは神奈川県川崎市幸区河原町 河原町団地

スポンサードリンク

事件に対する世間の声やネットの反応

介護疲れか何かなのかな。

介護疲れはほんとやってみないと

わからない話で

自分の親なのにと思う人がほとんど

だと思うのですが

かなりの過酷で鬱になり

精神状態が保てない人が多いそうです

だからといって人を殺めたりしては

いけないんですけどね。。

男一人で両親の介護をしてたらしいが、親を施設にやれば良かったと思う。子供が親の介護をして犠牲にならないといけない義務はない。

介護の辛さはしたことある人にしかわからない

これは仕方ない。親も何かしら問題あったんだろう。

日本はどんどん寿命が延びてるけど、良いこと一つもないね。

こればっかりは 何とも言えんな…

介護は大変だからな…

じゃ、誰が痣をつけたの?

児童虐待に関する法改正や児童相談所強化とか言われているけど、

高齢者や障害者への虐待も深刻な社会問題

この記事はきちんと書いてあるが他の幾つかの某記事では認知症と障害等を書かずに息子が死亡させただけのように書かれていたよ、さすがマスゴミ。

経済の裏付け無い家族介護、、結果から無理が大きいのが分かる。

近所の借上げ家で複数の親を預かり収入無い場合、子を給与貰える介護専門職とする制度を造るのが国の仕事と思うのですが。

財源は、、憲法違反の外国人への生活保護を憲法に従い中止すれば賄えると思います。

こういう時って…普段の人付き合いとかが、役に立つ場合もあるよね。

付き合いがないと、全てを一人で抱え込み、全く身動きが出来ず、精神的にも追い込まれるでしょう。。相談できる相手がいるだけでも多少は違う結果になったかも知れない。殺してしまう前にね。この先、こういう状況は増えるでしょうね…。。

介護から逃れたい一心で、父親が何か面倒をかけた時に発作的に殺してしまったんだろう。本当にそれくらい追い詰められいるなら、役所に駆け込んで訴えればなんとかしてくれる。役所も聞いておきながら、何もせず事件が起こったりしたら大変だから。そういうことを考える余裕もなかったのだろうか。親子関係も元々悪かったのかなぁ。

本当に介護はギブアップを政府が認めてくれて

どうにかしてくれるようにしないと、これからもっともっともっと

酷くなるよ。安楽死を早く認可しないと。

介護者がギブアップする場合は安楽死で構いません、と届出制にして

出来るようにしてあげないと。

女側の目線から見てみると、「俺、親父が脳梗塞で、おふくろも認知症なんだよ。だから、俺が一人で介護してるんだよね。」という男性とは、本当に申し訳ないが、もろ手あげて交際できない。

先入観で、「げげっ、こんなところに嫁いだら、不必要に苦労させられる。」って思ってしまう。

だから、彼はまだ44歳にして精神的にも孤独だっただろうし、普通の44歳男性と比べたら無駄に手かせ足かせ付いていたと思う。

無罪にして欲しい。

いろんな老い方、死に方があるけど、やっぱり、老人ホーム代や葬式代を子供達に残して、ピンピンコロンの死に方のほうが一番いいに決まってる。

息子さんにも息子さんの人生があるもの。

気の毒です。

ずーーーっと続くと思ったら地獄だったろうなあ。

もっと公的な支援が受けられなかったのだろうか?

私はバアちゃん一人の介護も大変だもの。

特に大をズボンまでやっちまった時とか、お尻拭いて、脱がして、着せて、トイレに出来るだけ中身を捨てて、バケツで洗って更に漂白、洗って、干して、毎日だよ。

最近、施設に入居された方で日中も夜間も叫び通し、暴力暴言を繰り返す方がみえます。本人は認知症と知的障害もあり意志疎通もできません。家族がずっと家で見ていたけど、どうにもならなくなってこれ以上はもうヤッてしまう。と相談にきて入居されました。私達は仕事なので仕事として関わりますが家だと想像を絶します。もし私なら絶対ヤッてしまってるでしょう。この長男さんも辛かったでしょう…

ただの父親殺人事件ではない事は、

わかる人には、わかっていると思うよ。

1人で脳梗塞の父と認知症の母の介護、そして自らの仕事。

並大抵のストレスではない。

介護うつになって仕舞ったのだろう。

行政も、地域のコミュニティも親族も頼れなかったのだろうか。

思うにこの長男は真面目な性格で、すべて自分が抱え込んでしまい、逃げ道がなくなったのかも知れない。

相当追い詰められての事で、感情の歯止めが利かなくなったのであろう。

確かに老いたる父親を手にかけたのは許される事ではないが、その犯行に至る過程を鑑みると、彼を責める気持ちにはなれない。

スポンサードリンク

介護疲れを軽減し、このような事件を防ぐために

今回の事件で様々な人の意見を目にする中で、介護疲れというのはとても大きな問題だとわかりました。

すぐに解決できる方法はまだないにしても、やはり大切なことは、一人で全てを抱えないということですね。

それができていれば、今回のような事件も、極度に介護に疲れてしまうことも防げるのかもしれませんが、

探してみれば、介護サービスや行政のサービスがあり、介護施設への入所という手段も。

地域包括センターや介護相談専用の窓口も市町村には設けられている模様。

自身が主介護者であったり、これからなるという場合はもちろん、周りの人でそのような人がいたら、

本人は何も言っていなくても気にかけてあげることも大切ですね。

手が回らないぐらい家事が忙しくなりすぎたら家事代行という選択肢もありかもしれません。



 

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました