高槻市爆発火災事故の原因はモノタロウだった!何故起きたのか?今後どうなる?

高槻市爆発火災事故の原因はモノタロウだった!何故起きたのか?今後どうなる? 事故

大阪府高槻市にある今村産業の倉庫が燃え四人が死傷した爆発火災事故。

この事故の原因となったスプレー缶があの有名なネット通販ストア「モノタロウ」だったことが判明し、ネットが騒然としている。

今回の爆発事故はどのようにして起きたのか?

何故防ぐことができなかったのか。モノタロウは今後どうなってしまうのか?

今回の事故の気になるポイントについて調べてみました。

スポンサードリンク

今村産業の倉庫爆発事故

爆発事故が起きた当初ニュースでは下記のように報じられた。

大阪府高槻市の産業廃棄物収集会社で4人が死傷した爆発火災で、現場の会社役員が「約3週間前から、スプレー缶3千本のガス抜きをしていた」と説明していることが8日、大阪府警への取材で分かった。府警は業務上過失致死傷容疑も視野に、ガス抜きが行われた状況や経緯などを調べている。

府警によると、ガス抜きをしていたのは機械部品の清掃をするためのスプレー缶。現場の「今村産業」の男性役員の説明では、約3週間前から金づちでスプレー缶に穴を開けて廃棄する作業をしていた。大量のスプレー缶が持ち込まれた経緯について、男性役員は「昨年の台風の被害でスプレー缶を保管していたコンテナが水没し、販売できなくなったものが持ち込まれていた」と話しているという。

火災は6日夜に発生。ガス抜き作業をしていた男性2人が死亡、2人が意識不明の重体となっている。
引用: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00000561-san-soci

この事故では、4人は事故の起きた2時間ほど前から、台風で水没しというスプレー缶のガス抜き作業をしていた。

また、事故の起きる3週間前からは合計3000本のスプレー缶に金槌で穴を開ける作業も行われていたとのこと。

スポンサードリンク

火災が起きた今村産業とは?

今回、モノタロウが家宅捜索されることになったということで、この件の爆発事故がモノタロウで起きたのか?と勘違いされている方もいるかもしれない。

あくまでモノタロウはスプレー缶を今村産業に持ち込んだ通販会社。

今村産業は、産業廃棄物運搬会社。

会社名:有限会社今村産業
住所:大阪府高槻市柱本4丁目22番7号
電話番号:072-678-4700
業務内容:産業廃棄物収集運搬業、電気設備工事

産業廃棄物収集運搬業とは、いわゆる産廃業者と呼ばれる不用品回収業者。

工場や事務所などで出た廃棄物を収集運搬できる、産業廃棄物収集運搬許可を取得する業者。

そのため、企業や工場などから、通常では処分が難しいゴミを回収して処理している。

今回もモノタロウから大量の不要になったスプレー缶を引き取り、廃棄処理をしていたものと思われる。

スポンサードリンク

モノタロウとは?

そして、今回の事故の原因となったかもしれないスプレー缶を引き渡したのがモノタロウ。

会社名:株式会社MonotaRO(モノタロウ)
住所:660-0876
兵庫県尼崎市竹谷町2-183 リベル3階

モノタロウは事業者や、一般に向けてインターネットでオフィス用品や工具、自動車用品、園芸品などなど様々な便利なものを販売している業者。

ネット民も多く利用していることから、今回の事件で突然モノタロウが取り上げられ騒然としている。

スポンサードリンク

今村産業火災事故の被害者は誰?

今回の事故では、残念ながら2名が命を落とし、2名が重体の怪我を負う形となってしまった。

亡くなられたのは、山西潤さん(36)ら2名。

怪我をしたのは山西さんの中学1年生の次男ら2名。

亡くなった2名のうち一人の山西潤さんはモノタロウの社員だった。

重体の二人のうち一人はモノタロウの下請け会社の従業員の50代男性。

このことからわかる当時の現場の状況としては、モノタロウから、大量のスプレー缶を持ち込んだ、山西潤さんら4名。

4名は今村産業でスプレー缶を廃棄するためにはガス抜きを行う必要があるとわかり、ガスを抜き始めた。

そのガスが原因となって火災が発生した可能性。

今回、モノタロウが家宅捜索されているのは、このスプレー缶のガス抜きの際に、モノタロウが必要な安全対策を取っていなかった可能性があるとされているためである。

しかし、気になるのは、その4名の中に、山西潤さんの息子さんが含まれていたこと。

一人はモノタロウの下請け業者のため、このガス抜きをモノタロウの仕事として行なっていたのか?

子供が手伝っていることから、仕事以外の業務として行なっていたのか?

どういう状況でこの4人がそこで作業をすることになっていたのか?

この辺りが疑問ではあるが今後の家宅捜索で明らかになってくる可能性がある。

スポンサードリンク

爆発スプレー缶は何のスプレーだった?

モノタロウから持ち込まれたのは、昨年の台風で浸水し、使えなくなった約3000本のスプレー缶。

中身は、機械部品を洗浄するクリーナーだったという。

今村産業火災事故、モノタロウ家宅捜索に関するネット民の声

数が多すぎます1本位ならば何でも無いのだが3000本とは考えが甘い此を毎週遣っていたとは、寝ぼけた話しだ。

 

モノタロウってメディア露出があり知名度もあったが、何故こんな所にあるの?って感じのところに会社があって、違和感を感じてた会社の一つ

 

働いて死んだら意味無し

毎日涼しい部屋でポチっと押して入金される

あーストレス無い

かれこれ3年働かないが金有る俺勝ち組か

 

 

モノタロウの社員も亡くなったそうだ
アパマン事故以降、スプレー缶は
穴あけ禁止

 

人のふり見て我がふり直せ
を知らんらしい。

 

金槌で直にか?

アホだ。

可燃ガス出しながら雷管叩くのと大差ない

 

 

アパマンの事件、知らないんだろうな。
北海道で起きてる事?知ったこっちゃ無いって感じなんだろう。
そもそもアパマンの件を知らなくても、スプレー缶に穴を開けるなら換気が大事ってことは、普通の知能があれば知ってる事わかってる事。
たとえ1本穴開けるにも換気が必要なのを3000本って…
そういう事やってる時点でその程度の知能。

 

ここの会社って向こうの人達ですか?日本人ならわかるはず。スプレー缶の中身に可燃性のガスが入っている事を、北海道で起きた事故と一緒!亡くなった方もいるのにどうやって償うのか?

 

北海道の不動産屋の事件から何を学んだ?

まさか、あれだけニュースになったのに見てないとか?

ニュース見る時間すらないブラックとか?笑笑

 

 

アパマンの事故から半年程度でまた同じことやらかすバカさ加減に父ちゃん涙出てきます。

 

札幌の爆発事故がまったく活かされていない。

 



スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました