新紙幣1万円札の人物となる渋沢栄一とは簡単にどんな人物?子孫が逮捕された話の現在はどうなの?海外の反応は?

スポンサードリンク

渋沢栄一とは簡単に

渋沢栄一とは、600以上の事業に参画し、「日本資本主義の父」と呼ばれる人物。

「私利を追わず公益を図る」を信念とし、その手腕は経営学の神とも呼ばれるドラッカーも絶賛したほど。

渋沢栄一は、江戸時代後期の生まれであり、明治、大正、昭和初期の時代を生きた。

江戸時代には武士としての顔ももち、徳川幕府の遣いでフランスへ留学。

帰国後に、大蔵省を経て実業界で活躍。

主な企業に現在の

みずほ銀行、東京ガス、東急電鉄、東京証券取引所、太平洋セメント、帝国ホテル、東京海上火災保険、王子製紙、秩父鉄道など。

スポンサードリンク

渋沢栄一の家族

渋沢栄一は生涯で2回結婚をしており、結婚相手との間に生まれた子供は計7人。

噂では正妻以外との間にも子を設け、その数は50人近くとも・・・

現在活躍している渋沢栄一の家族は、孫娘の鮫島 純子さん。1922年生まれの現在95歳

祖父である渋沢栄一の精神を書籍として世に伝えている。

祖父・渋沢栄一に学んだこと 単行本 – 2010/10/15

鮫島 純子 (著)

by カエレバ

 

スポンサードリンク

渋沢栄一の子孫が逮捕された?現在は?

渋沢栄一の家族や子孫について調べていくと何故かたどり着く「逮捕」のキーワード。

しかし、実際には渋沢栄一の子孫が逮捕されたという事実はありません。

何かの勘違いか?

しかし仮に50人も子供がいたとしたら、子孫の数もかなりの数になっているはず。

もしかすると遠い子孫が事件を起こしてる可能性は・・・なくはないかもしれませんね。

スポンサードリンク

渋沢栄一に対する海外の反応

先述したように渋沢栄一はドラッカーも絶賛したほどの人物。

実際に、ドラッカーは約50年前に『論語と算盤(そろばん)』で有名な渋沢栄一と、大実業家・鮎川義介(あゆかわよしすけ)に興味を持ち、日本を訪れています。

鮎川義介(あゆかわよしすけ)は日産、日立、日本水産、日本テレビなど161社に関わった人物。

日本には江戸の末期から明治時代に、武士道や道徳と経済を融合した経営を実践した企業が多数あった。

ドラッカーはそれらの哲学を学ぶために日本を訪問した。

そして、ドラッカーは、「日本の繁栄は渋沢流の経営のやり方によるため」というように説きました。

 

新紙幣に選ばれた理由は?

スポンサードリンク

渋沢栄一のおすすめの本

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)

作者 渋沢 栄一

出版社 筑摩書房

出版日 2010年02月10日

by カエレバ

 

渋沢栄一 100の訓言 (日経ビジネス人文庫)

作者 渋澤 健

出版社 日本経済新聞出版社

出版日 2010年08月03日

by カエレバ

 

渋沢栄一の経営教室 Sクラス

作者 香取 俊介, 田中 渉

出版社 日本経済新聞出版社

出版日 2014年07月24日

by カエレバ

 

渋沢栄一――社会企業家の先駆者 (岩波新書)

作者 島田 昌和

出版社 岩波書店

出版日 2011年07月21日

by カエレバ

 

雨夜譚―渋沢栄一自伝 (岩波文庫)

作者 渋沢 栄一, 長 幸男

出版社 岩波書店

出版日 1984年11月16日

by カエレバ

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました