SixTONES(ストーンズ)デビュー予想!2019年9月までに無理だったらデビューできない?

2018年末より、Youtubeや駅内広告などで徐々に知名度が全国規模になってきている SixTONES(ストーンズ)の2019年デビューについての噂が続々と出てきています。

改めて、現在のSixTONES(ストーンズ)の2019年デビューについて考察して行きます。

スポンサードリンク

SixTONES(ストーンズ)デビュー予想!デビューは2019年なのか?

2015年から活動しているSixTONES(ストーンズ)。

ちなみにメンバーは松村北斗、ジェシー、京本大我、田中樹、森本慎太郎、高地優吾の6名。

その高いパフォーマンスと、高身長、ちょっと悪っぽいイメージで人気を獲得しています。

ライバルグループとして、HiHiJetsや東京B少年。

先輩デビュー組として、King&Prince Sexy Zoneなど。

東京B少年は、ジャニー喜多川氏が、2020年の東京オリンピックを意識して命名したとのことから、 2020年にデビューするのではないかと予想されているんですね。

SixTONES(ストーンズ)については、2018年末から、滝沢秀明氏を社長とした ジャニーズのグループ会社から、精力的にyoutubeや広告などを使った戦略で打ち出されていることから、 ついに2019年満を辞してデビューすると予想されているんですね。

確かにタイミングとしては、2019年内が濃厚なのではと思われています。

スポンサードリンク

SixTONES(ストーンズ)デビュー予想!デビューは2019年5月なのか?9月なのか?

そこで2019年のいつなんだ?ということが色々なところで予想されているのですが、現在の見方としては5月説が強いようです。

SixTONES(ストーンズ)は、単独公演を 3/21,22,23 横浜アリーナと、 5/1,2 大阪城ホールにて行います。

そのツアータイトルが「CHANGE THE ERA -201ix-」 ERAは「時代」を意味し、ix は数字の9を意味します。

そのことから、「時代を変える -2019-」 となるんですよね。

そしてこのツアー日程の中で、異質なのが5/1  これは日本の元号が平成から新元号へ変わる日。

まさに時代の変わる日なんですね。

そんな特別な日に、何かを起こしてくれそうな予感が・・・

それがデビュー発表なんじゃないか!?と言われています。

そして、「9月」というもう一つのキーワード。

これはyahoo JAPANの検索エンジンで、よく検索されるキーワードとして出てきているんです。

「ストーンズ デビュー 9月」ですね。

そのことから、9月にデビューするのか?という説も密かに話題になっているんです。

しかし、今調べたところ、SixTONES(ストーンズ)が9月にデビューするとされる根拠と呼べるものは見つかりませんでした。

もしも今回の単独ツアー中に動きがなければ・・・

次のデビューのタイミングは9月!ということになるかもしれません。

こちらに関しては今後情報が入り次第、更新して行きたいと思います!

SixTONES(ストーンズ)の2019年内の華々しいデビューを巻き起こすことを待ちながら彼らの活躍を見守りましょう!

果たしてデビューは5月なのか?9月なのか?あなたの予想は?

スポンサードリンク

SixTONES(ストーンズ)デビューできない説!デビューは無理だと言える理由は?

SixTONES(ストーンズ)はすでに結成から約4年。

ジャニーズJr.のユニットの中でもトップレベルに人気のあるグループ。

にも関わらず、未だCDデビューを果たしていないのは何故なのか?

調べて見ると意外な事実がわかってきました!一つずつ見ていきましょう。

SixTONES(ストーンズ)がデビューできない理由 その1

時間管理が甘い!?

とある公演で、長すぎるMCのため、会場に延長料金がかかる事態になってしまったことがあったとか。

今後デビューしてどんどん大きな会場、知名度の高いイベントを担うようになれば厳しい時間管理能力を要する。

とはいえ、それは他のグループにも言えることでもあるし、それが直接デビューが無理になる要素とは

考えにくいですよね・・・

SixTONES(ストーンズ)がデビューできない理由 その2

メンバーの身内に問題人物!?

ご存知の通り、SixTONES(ストーンズ)のメンバー田中樹の兄、田中聖(元KAT-TUN)は

問題を起こし、グループ脱退、事務所を辞めています。

さらに、森本慎太郎の兄、森本龍太郎(元Hey!Say!JUMP)は未成年喫煙の問題を起こし、ジャニーズ事務所を辞めています。

このようなメンバーの身内の問題が明るみに出ることを懸念してデビューができないとか。

確かに可能性としてはあるかもしれませんが、それであれば、身内に問題があった時点で、

デビューを見越したグループに所属することも考えにくいような気がするのですが・・・

SixTONES(ストーンズ)がデビューできない理由 その3

平均年齢が高すぎた!?

SixTONES(ストーンズ)の平均年齢は22.6歳。

確かにこれからデビューするグループとしては高め。

しかし逆に今のタイミングでデビューできなければメンバーの今後の芸能活動は益々厳しいものに。

これ以上引っ張らないでデビューさせてほしいものです。

SixTONES(ストーンズ)がデビューできない理由 その4

グループの顔となるイケメンが不在!?

メンバーの人気No1の松村北斗は、Myojoの「恋人にしたいJr.ランキング」では上位に食い込むなど人気を得ています。

が、そのランキングで他のメンバーは10位以下。

これまでのNewsに山下智久や、SMAPに木村拓哉など、グループの顔と呼べるイケメンがいないことが

デビューへの足かせになっているとか。

しかし、そのようなグループは他にも存在するし、そうであれば初めからグループ結成時に

1番のイケメンを混在させておくはず。

今更そこを指摘される謂れも無いような気が・・・

SixTONES(ストーンズ)がデビューできない理由 その5

ジャニオタからの支持が得られていない!?

確かにSixTONES(ストーンズ)は王道のキラキラ王子様グループとは異なり、

ちょっと悪さを感じさせるカッコいいお兄さんグループ。

ジャニオタのストライクゾーンでは無いかもしれません。

また、KAT-TUNが人気を得たひと昔前とは時代も異なる。

どれぐらいジャニオタ支持を得ればデビュー可能になるのか分かりませんが、

Youtubeへの進出など、これまでのグループとは一線を画すからこそ、男性ファンや

これまで取ってこなかった層の人気を得ていける可能性も秘めていると思うのですが・・・

SixTONES(ストーンズ)がデビューできない理由 その6

デビュー組の人気が確立されていない!?

この説の可能性は高いと言えるかもしれません。

SixTONES(ストーンズ)よりも先にデビューした

Hey!Say!JUNP、Sexy Zone、Kis-My-Ft2、ジャニーズWEST、King&Princeの人気がイマイチ。

十分知名度も人気も高いといえば高いのかもしれませんが、

これまでのジャニーズの勢いから比べればまだまだと言えそう。

そんな中新たにSixTONES(ストーンズ)をデビューさせることに二の足を踏んでしまっているという可能性はあるかもしれませんね。

また、SixTONES(ストーンズ)はデジタルに放たれた新世代グループとして売り出されています。

CDが売れにくくなった昨今、もしかするとCDデビューとは違った形に展開される可能性もあるかもしれません。

そもそも、デビューをここまで引っ張っている上で、プロモーションを打ち出すことで、

デビュー前の人気と熱を最大限高めたいという滝沢新社長の入念に練られた戦略かもしれません。

いずれにしても、今後どのような展開が待っているのか見守っていきましょう!





スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました